舐め犬パートナーを作る方法

舐め犬になりたい男性は増えている

まだまだ寒いですね。
この前も東京で大雪になりましたが、もう雪はいいよって感じです。
ニュースで寒波が~…って聞く度に「またか」と思いながら
エアコンから出るぬるい空気に耐えています。。
(ストーブ買う余裕はない、あまり物置きたくない)

さて、タイトルの件ですが
舐め犬というキーワード、みなさんはこのブログに来る前、
または僕のFC2動画やツイッターを見る前にご存知でしたか?

僕は他にもう1つツイッターのアカ(何でも話せる)を持っているんですが
そこで舐め犬の話をツイートしても、

今まで知らなかった
初めて聞いた」って言葉をよく聞きます。男女共に。

舐め犬の知名度

因みに、Googleのキーワード検索では
「舐め犬」は190万件
「ソフレ」は410万件
「セフレ」は1900万件

数にすると、舐め犬もそこそこなんですが。

しかし、いまいち”流行っていない”気がします。
アダルトな話題が公に触れられるなんてことは、
それは無くて当然ですが、

ツイッターや2ch、アダルト掲示板なんかを見ても
この「舐め犬」の話題は少ないです。
近年は、ニュースやバラエティでもM男性が増えている
女性の男性化、なんていう話も出たりしています。

実際僕もそう思います。

一昔前、僕が高校生の頃は舐め犬ってキーワードは
本当に極一部の方のみ知ってるような感じだったのに比べれば
年々増えています。それは間違いないです。

増えていると言えば増えているのですが、、、
どうも伸びが悪いというか。
女性の立場が確立されてきて、M男性も増えている最近の流れを思えば、
僕的にはもう少し流行っても良いと思うんですよね、男女共に。

なんでだろうな~、なんか舐め犬って
ポップなキーワードとは裏腹にガチ過ぎるのかな?(笑)

舐め犬を男女に流行らせたい

僕は正直、これを流行らせたいです。
自分のブログから少しでも認知度が上がったらいいなって気持ちと、
7~8年という長い年月、「舐め犬」という言葉に触れ続けて生きてきたなら
もう僕の中で本当に好きだというのは間違いなく、
これ以上に好きなことも無いからです。(少し悲しいけど)

MEMO
因みに舐め犬で一番有名な人は「国田さん」です。
僕が学生の頃にいいなぁ~って思っていたのもこの方でした。
10年も前から動画を投稿しています。
ブログ内にリンクを貼ってるので、みなさんも良ければ覗いてみてください。
今はブログの更新が1年も止まっていて、消息などは不明となっておりますが
まさに女性の玩具って感じで本当に僕の理想です。

そういう僕(舐め犬)が伝える情報は少なからず、
仕事で書くようなアダルトライターさんの記事よりもみなさんに響くと思うんです。

舐め犬さんが増えたら、楓はライバルが増えて困るんじゃないの~」って
思う方もいるかもしれませんが、
それ以前に知られていないんですよ、舐め犬って言葉が圧倒的に。

つまり、母数を増やしたいんです。
更に言えば、「舐め犬は女性が気軽に利用できる性サービス」って認知されたら最高です。
(それはそれで今度は舐め犬が悪い男じゃないっていう証明も必要になってきますが)

女性向けの性的サービスが増えてたりしますが、
それを利用する敷居が男性よりも高いのは今も全く変わっていません。
そういう方に「舐め犬」って選択肢も増えたらと思う訳です。

男性だけ風俗が気軽に利用できる風潮はおかしなことだと思います。
「浮気」や「不倫」も”仕方ない”と許される、忘れられるのは男性が多いですよね。
女性がすればバッシングが多いです。
男性の不倫よりも女性の不倫の方がメディアも面白がって動きます。

性欲に限れば女性も男性と全く変わりませんよ。本当に。

一個人では微々たるものですが、
少なからずこのブログを続けて見てくれた人が共感してくれたり、
私も舐め犬欲しい」「俺も舐め犬になりたい」って思ってくれたら嬉しいです。

共感したらツイッターやブログで話題にしてね

ということで今後も精力的にブログを書いていきます。

舐め犬になりたいという相談が数件

どうして、これを話題にしたかというと
ツイッターで男性から「僕も舐め犬になりたいです」って相談のメッセージがあったんです。
記事のネタにしてもいいか聞いたら「ID付きでぜひ」と言って下さったので無修正でお見せします。
(※因みにこの方は関西住みの舐め犬志望の男性)

MEMO
この方とは今もDMで1ヶ月ほどやり取りしています。
舐め犬になりたいって思いは伝わるのですが、女性と知り合えない。
または連絡が続かなくて悩んでいたので軽いアドバイスの様なことをさせて頂いています。

この方から始まり、他の方にもどうやって会っているんですか?って聞かれたりするので
やっぱ着実に増えてはいるんだな~と感じました。

しかしですね。

正直、男性はセフレを探すより大変だと思います。ニッチな分野ですから笑
セフレでも舐め犬でも男女の需要と供給は変わりません。
(女性の方が人口多いのに…ってよく思う)

いいきっかけなので、舐め犬市場を活発化させる為にも
男性の相談には極力乗って行きたいと思います。

なので、最近カテゴリを追加しました。

●舐め犬欲しい/なりたい・・・女性と男性向けの記事

カテゴリ:舐め犬欲しい/なりたい

女性向けの記事では、舐め犬の見つけ方や
どういった舐め犬であれば安全か
舐め犬としてではなく客観的に伝えていきたいと思います。
またはパートナーをクンニ好きに変える方法とか。

男性向けの記事では、僕と同じ舐め犬になるには、
そもそも女性とどうやって知り合うか、
どうすれば女性に楽しんでもらえるか、
信じてもらえるか、安心してもらえるかなど
微力ながら教えたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

error: Content is protected !!