2018年8月よりブログ再開

彼氏持ち年下女性の舐め犬になってクンニ奉仕

5歳年下の女性に舐め犬として使って頂きました。
名前はI様

●メール本文をご紹介(原文ママ)

>動画とブログを見ました。
>
>性的な事をする時に男性に気を使うのが面倒なのと、
>したい事が彼氏等ではできないので
>何も気にせずに使えるおもちゃを探していました。
>
>もしよければ試させてください。
>お返事お待ちしております。
>
>
>iPhoneから送信

メールで会話すると
上下関係に興味があり、
「彼氏は私に対して、私の方が下のような扱いをするので
私の下に付く犬が欲しい」とのことでした。

セフレもいらっしゃるとのことでしたが、きっとその方も
上下関係を楽しめる相手では無いのでしょう。

また、見たい映画があるから静かにして欲しいとのことで
犬用の無駄吠え防止の首輪をさせたいと仰られましたが、

人間の小声にも反応するものは
調べたところ無かった為に断念しました。

というように、

I様は舐め犬を使ってしたいことが明確にある女性です。

数通メールのやり取りをした後は、早速I様から
「明日空いてる?」とお呼びが掛かったのでお会いすることに。

当日は駅前で待ち合わせてホテルへ向かいます。

部屋に入ってコートを脱ぎ、
I様がベッドに座りながら落ち着くと

「どうしたらいいかな」って少し恥ずかしながらも困った様子でいました。

素直にかわいいって思ってしまいました。

僕もベッドに行き「舐めさせて下さい」とお願いをし、
ストッキング、下着を脱がさせて頂きます。

「家で一人で居る時のようにしていいんだよね?」と
I様は再確認をして、たばこや食べ物、飲み物を近くに寄せて
映画を選び始めました。

僕はI様の下着を小さく畳み、
I様が足を開かれた所に顔を埋めて
舌をゆっくりと這わせながら、その味と感触に酔いしれます。

ここからは動画で。

I様のご都合により予定より早めに帰ることになりましたが
3時間半たっぷり舐めさせて頂きました。
映画も3作くらいでしょうか(1回は途中で止めて、3回目は終了間際でカット)

舐め始めると緊張した様子はもう無く、
煙草を吸いながら映画を見て、飲食されるお姿は見とれる程です。

そして、お寛ぎの最中に2回「お○っこ」と言われ
I様が座っているまま、その場で便器として使って頂き、
2回とも溢さずに飲み干すことが出来ました。

指と舌で2回、舌のみで1回。計3回逝って頂きました。

動画は撮れていませんが、最後の1回は帰る直前に
指で中を刺激した為に中から白くて濃い愛液が出てきて、
それを残さないように舌を膣の奥まで入れて吸っていると
僕の顎を手でクイッと上げました。

何を貰えるか分かった僕は、口を大きく開けます。

I様は地面にガムを吐き捨てるように、
溜まった唾液を僕の口の中にくださったのです。

嬉しさと感動のあまりに喘ぎ声のような声が出ます。
その唾液をすぐには飲み込まず、
舌で堪能しながら美味しく頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。